トップ / 宗教の上の輸血に関して

宗教と輸血について

宗教の上の輸血に関して

宗教上の輸血に関すること 

治療内容の必要性は医師の判断によるものです。宗教上の理由から、輸血を受け付けない方もいらっしゃいます。もちろん入院や手術のときに、治療方針をきちんと説明をするのですが、この時に治療内容の制限が出てきてしまいます。しかし、患者や家族が輸血に対しての考え方が頑なな場合には、必ず従わなければならないとされています。以前医師が、生命の危機に及ぶとして、患者などの宗教上の意志に反した治療を行い、人権を傷つけたとした裁判がありました。

輸血と宗教の問題に対して 

医療工程の中で輸血を絶対に必要とする場合、医師は当然輸血の必要性を訴えます。しかし、宗教上の理由から、拒絶するケースもあります。一応の説得はするものの、患者本人やご家族の意向を最大限に活かすことになりますから、やむなく治療続行ができなくなってしまうこともあります。宗教の問題は、医療現場において、かなり大きなウエイトを占めるものだとされています。ですから、病院が立ち入ることができない領域として、患者などの意志を認めないわけにはいかないとされています。

大学医局に関する情報