トップ / 医師不足の問題に関して

医師不足が起こる原因

医師不足の問題に関して

医師不足に関する説明と対策 

医師不足が続くと必要な時に医療が受けられなかったり、病院の診療科が閉鎖されるなどの状況になることがあります。医者が足りなくなる状況としては、特定の診療科や地域に医者が集中して、志望が少ない診療科や地域の医療供給の維持ができないことや、医者の数そのものが足りない現状などがあります。大都市が足りているのに対して、離島や過疎地域などは足りない現状になりやすい傾向があります。医師不足の対策としては、地域に適正な医者を配置できる需要体制や配置の見直しなどが検討されています。

医師不足の問題について 

医療業界において、医師の人手不足は深刻な問題です。医師が足りなくなる原因にはいくつか要因がありますが、ひとつには勤務医と開業医との年収の差があります。勤務医でも10年以上の勤続年数があれば800万から1000万円の年収はありますが、開業医の場合は成功すれば3000万円以上の年収を稼ぐことができます。また、勤務医の場合は、拘束時間が長く、勤務している病院のスタッフの数によってはハードワークになるケースもあります。また、女医が結婚や出産などで退職してしまう問題も人手不足になる原因のひとつです。これは、看護師で

大学医局に関する情報