医師をアルバイトで

医者をアルバイトでも

トップ / 医者をアルバイトでも

医師のやりがいと開業

医師のアルバイトとしての働き方 

医師の職業は正社員でのイメージが強いですが、働き方は年々多様化しており、非常勤として勤める人や中にはアルバイトとして雇用されている人もいます。医師は時間的拘束が長く、責任も重い為、正社員として働く場合かなりの精神的、肉体的の負担になっている事は事実です。仕事ばかりの毎日で家庭を顧みない日々が続く事もあり、決められた時間で働ける非常勤やアルバイトとしての働き方をする方法も新しい働き方として受け入れる人も多くなりました。また、時給面では非正規での働き方は断トツの1位で時給5000円から10000円程度で働く事が可能です。場合によっては10000円を超えるほどの高時給な職場もあり、正社員で働く事よりも年収が上になるケースもあります。非正規で働くメリットとしては自分自身に仕事のオンとオフが使い分けられるようになる為、気持ちに余裕を持って仕事に取り組む事が出来たり、多くの職場を経験する事でコミュニケーションや人脈も広がります。

非常勤などのバイトについて 

医療機関との正規の雇用関係のある医師の場合、病院の運営をはじめ患者に向き合うほかにも病院の運営などのことなど様々なことに顔を出さなければならなくなってきます。患者に向き合いたいと思うのなら、非常勤の雇用形態を選ぶのもいいかもしれません。医療の仕事においては人材の不足しているところがとても多いわけですから、非常勤の勤務形態を選んで複数の医療機関を掛け持ちする、バイト感覚の働き方も選択できます。あまり医療機関の経営などに深くかかわらなくてもいいので、時間を有効に活用できるというメリットがあります。また医師資格を所持していれば、不定期にしかないまさにバイト感覚の仕事もあります。そのような仕事が受けられるように求人に応募しておくといいでしょう。ある程度の年齢でもできる業種ですから、負担のない程度の仕事量をこなすようにすると、まだまだ仕事を継続し続けることもできますし、重宝がられることになるでしょう。

大学医局に関する情報