トップ / 医師の睡眠事情について

医師の睡眠時間とは

医師の睡眠事情について

医師の睡眠事情に関して 

医師の睡眠事情ですが、実は勤務形態によって差が大きいのです。日勤の勤務医として働く場合は夜中まで仕事をすることはないので夜は十分眠れます。一方で救急を担当している場合は夜間の受付が多く、来院のタイミングも一定しないので非常に不規則になりがちです。年齢別にみると、若手の医師は当直を担当することが多いので、睡眠時間が短く、不規則になる傾向にあります。過酷な勤務体制を強いられているドクターは、短い時間で効率的に眠れるよう、日常生活の中で工夫をしている人が多いです。

医師の平均睡眠時間について 

医師の平均睡眠時間は、当直などの回数や勤めている診療科目によっても多少違ってきますが、平均6時間ぐらいとされています。基本、人の睡眠時間としては7時間がベストとされています。人手が十分に足りている都市部の病院に勤務している場合は、比較的医師の眠る時間は確保しやすいですが、人手が足りない田舎の病院や、急患などが運ばれやすい救急医療などに従事している場合は、眠る時間は3~4時間ほどといわれています。手術などのミスが許されない仕事の割には、十分な休養を確保しづらいため、勤務医から開業医を目指す人も多いです。

大学医局に関する情報