医師とMRの関係

医師とMRは関係深い

トップ / 医師とMRは関係深い

医師のやりがいと開業

医師が求める薬品を提供するMR 

世の中にはたくさんの病気があり、それだけたくさんの種類の医薬品が存在しています。また、製薬会社によっては、他社の医薬品と似た効果を持つ別の医薬品を製造している場合もあり、どちらを使うかは担当の医師が判断をします。医師の判断を裏づけする情報を提供するのがMRです。また、今後どのような医薬品が必要になるのかというニーズ、どんな新薬が必要になるのかというニーズを調査し、製薬会社へ持ち帰り開発に役立てるための情報収集をする事もMRの仕事に含まれます。その仕事が、あるいは医師以上に医療界へ貢献する事さえありえるのがMRです。

MRは薬剤の情報提供を行う仕事 

MRは製薬会社の営業職のことです。働き方は、病院や開業医を訪問して医師に自社の製品の効能効果、有用性、副作用のデータなどを紹介し、薬剤を使用してもらいます。MRとして働くためには、業界内で実施されているMR認定試験に合格することが必要です。身体や代表的な疾病についての基礎的な知識や、薬剤の種類、構造に関する基本的知識、製薬業界内での法律などに関する知識などの試験が実施されます。資格は5年更新となり、退職した後にまた働きたいと思った場合、資格をもっていればスムーズに復帰できますし、時短勤務や派遣、契約社員など様々な働き方を選択することができます。また、医師の知り合いも増えます。

大学医局に関する情報