トップ / 医師にとって必要な勉強

医師としての勉強とは

医師にとって必要な勉強

医師としての勉強について 

医師は、日々の診察などを通じて、医療を極めるべく勉強をおこなっています。医学書の内容を理解するだけでは、知識も技能も身につくことはありません。医療行為の対象となる患者の存在があってこその研鑽になりますので、実践と経験がものを言います。医療スタッフ同士でのやり取りも大切になります。臨床面、看護、薬剤、栄養面などに携わるそれぞれの立場の見解や、他の科の捉え方などは、新たな気付きの連続であって、その共同体制は、垣根を超えたチーム医療としても成果を発揮するものになります。

医師を目指すための勉強法 

医師になるためにはまず医学部に入らなくてはなりません。高校進学時に理数科に進学するとよいでしょう。理数科のほうがより高度な内容を教えてくれますし、医学部への進学実績も多く進路指導が確実です。予備校や塾は必ずしも利用する必要はありませんが、もし通うなら「数学アドバンス」など上級コースを利用するとよいでしょう。一方で社会人から医師になることを目指す人は予備校を利用することをおすすめします。学士編入を行っている大学は複数ありますが、目指す大学に応じた対策が必要となります。予備校では面接対策もできます。

大学医局に関する情報